初めて飲食店を始める人にもオススメの居抜き物件

カテゴリ

注目記事

初めて飲食店を始める人にもオススメの居抜き物件

飲食店経営を低コストでスタート 定食屋やカフェなど、新規で飲食店をスタートする際に設備投資を低コストに収め…

more

手早く新規開店が見込める

居抜き物件のメリットとは 新たにお店を始める人にとって1番ありがたいのは人気物件です。店を始めるにあたりな…

more

初期費用を抑えて別のことに回せる居抜き物件

居抜き物件を利用するメリットは? 居抜き物件を利用するメリットは色々ありますが、大きな魅力は初期の投資を抑…

more

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

飲食店経営を低コストでスタート

定食屋やカフェなど、新規で飲食店をスタートする際に設備投資を低コストに収める方法があります。それは、「居抜き物件」を選択するというやり方です。「居抜き物件」とは、元々業務用だった商業施設を内装そのままの状態で売りに出している不動産物件の事を指します。
例えば中華料理店を新規オープンしたいのであれば、中華料理店の内装が残った状態の居抜き物件を購入するのが最も効率的と言えるでしょう。中華料理店経営に必要な厨房やガス設備、カウンターやテーブル等が一通り揃っているので、一から内装を作らないで済むというメリットがあるのです。元からある設備が老朽化していた場合は修繕費が必要となりますが、それでも新築で内装を作るよりは遥かに低予算で収まります。
設備投資が低コストかつ工事期間がほとんど無いので、飲食店オープンまでの期間がかなり短縮されるのもポイントです。よほど内装デザインにこだわりが無ければ、新規飲食店開業は居抜き物件がベストな選択肢だと思います。居抜き物件を仲介してくれる不動産業者サイトでは、具体的にどういった居抜き物件があるのかノウハウを含めて紹介しているので、新規事業主の方は参考にしてみて下さい。低コストな設備投資で、幸先の良いスタートを切りましょう。

設備そのままで快適な飲食店をオープン

事業者向けの不動産物件の中でも、特に飲食店事業者にオススメなのが「居抜き物件」です。居抜き物件とは、通常の空き物件と違い、元々別の飲食店だった施設をそのまま売りに出している中古物件の事を指しています。調理場や接客スペースにカウンターなど、居抜き物件では飲食店経営に有利な基本設備が最初から備わっているのが非常に大きなメリットだと言えるでしょう。
初めての飲食店をスタートする際は、是非最初から設備が揃っている居抜き物件を選んでみて欲しいです。テーブルやガス設備など、一からそろえるとなると結構な費用が掛かってしまします。しかし、既に飲食店として活躍した実績を持つ居抜き物件であれば、必要な内装設備を最小限に抑える事ができるのです。もしも居抜き物件の設備に破損などがあるなら、追加費用で修繕を依頼すればOKです。
豊富な資金で飲食店をスタートできれば良いのですが、そうで無ければ少しでも開業費用は安くあるべきですね。居抜き物件は業務用物件に強い不動産仲介サイトをチェックすれば簡単に見つけれますので、初めての飲食店経営はまず最初に都合良い居抜き物件探しを行うようにして下さい。インターネットの情報サイトを上手く使ってみましょう。

Copyright(C)2017 ローコストで新規開店可能な居抜き物件の探し方について All Rights Reserved.